読書

「読む・考える・書く」技術

2020-09-01-(火)-211:31-誤変換の編集開始

2020年 9月1日 火曜日10時18分 本の読み上げ 開始

知的生産力を鍛える
「読む・考える・書く」技術
あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法
午堂登紀雄経営コンサルタント

目次
はじめに

プロローグ
知的生産力を鍛えよう!

1 知的生産力は現代の錬金術
・文章を書く力=情報を編集する力
・知的生産力とは 情報を換金するということ
・アメリカ大統領選挙に何を見たか?
・人を動かす文章がお金をいただける

第1章 
コンテンツを生み出す5つの技術
発想の方程式・情報編集術・発想術・観察力・読書術

1 自分なりの発想の方程式をつくる
【発想の方程式1】 物事を抽象化する能力を鍛える
【発想の方程式2】 抽象と具体の行き来をする
【発想の方程式3】 説得力はエピソード力
【発想の方程式4】 問題定義プラス処方箋をセットで提示する

2 コンテンツを生み出す「情報編集術」
【情報編集術1】 「メタファー(比喩)力」を鍛える
【情報編集術2】 「アナロジー(類推)力」を鍛える
【情報編集術3】  雑誌を魔法のおもちゃ箱に変える
【情報編集術4】  ネタ収集として優れたポータルサイトを利用する
【情報編集術5】  YouTube がチェックすべきメディアになる
【情報編集術6】  テーマを設定し、仮説検証し、書く
【情報編集術7】 「ムー」の仮説力が学ぶ

3 コンテンツを生み出す発想術
【発想術1】 自分の体験を「一般原則化」「教訓化」する
【発想術2】 ゼロベースで考える
【発想術3】 寓話や昔話から、違う解釈、違う教訓を引き出す
【発想術4】 そもそも論を考えてみる
【発想術5】 常識をひっくり返す理論を考える
【発想術6】 桶屋理論の発想法
【発想術7】 日常のニュースから連想ゲームをしてみる
【発想術8】 発想は5つ目からが面白い オプション発想
【発想術9】 ビニール傘から発想するビジネスコンテンツ

4 コンテンツを生み出す「観察力」
【観察力1】 日常生活における観察力
【観察力2】 「なんで? なんで? なんで?」
【観察力3】 電車で座る技術
【観察力4】 ひとり問題解決
【観察力5】 マニュアル化を意識する
【観察力6】 猫の瞳孔観察から自分プレゼン術にする
【観察力7】 クラブに行って営業術を学ぶ

5 コンテンツを生み出す「読書術」
【読書術1】 読みやすい文章表現、豊富な語彙は、読書で養われる
【読書術2】 本は記憶の糸を探るフックとしての役割を持つ
【読書術3】 売れている本から学べること
【読書術4】 同じテーマの本を自分で書く事を想像してみる

6 同じ情報に触れながら、人と異なる切り口を生み出す
・常に物事の裏を読む習慣を身につける
・絵本でネタ出しトレーニング

第2章
アウトプット力を高める方法

1 アウトプット力を高める技術
・インプットはアウトプットが決める
・考えるとはアウトプットすること

2 誰でもオリジナリティを出すことができる
・文章を書くのは主観と客観を往復する作業
・ 客観的な視点を自分の中に育てる
・ 文章を書くことは、自分の人格を磨くこと
・ 読者の視点を手に入れる方法
・ 寝かせて読み直す
・ 価値ある文章を書く作業は、常識を外す作業
・ 文章技術よりも、面白いかどうか 「そうそう、へえ!」の法則
・ ありきたりのメッセージに、インパクトとオリジナリティを出す
・ 思い浮かぶ最も過激な表現を使ってみる
・「 高齢者を労ってはいけない」

3 文面に人間性が滲み出る
・読みやすさ、わかりやすさは読者への思いやりの裏返し
・執筆していない時に原稿が進む
・筋肉質の文章を作るには、削ぎ落としていくこと

4 読みやすく書く工夫
・専門用語を減らしていこう
・当たり前のことを、当たり前じゃないように表現する
・パクリとは、「構成要素のストラクチャー」のこと
・ピラミッド・ストラクチャーで論理構成を考える
・自分で読んで感動する文章を書く

第3章
書く環境を整備する

1 オンオフィス✖ノマドスタイル
・週末はフリーランスのように働く

2 快適に書くツールを用意しておく
・モバイルパソコンはとにかく軽量がおすすめ
・スタンバイモードは意外に便利充電できる場所を調べておくと便利 データ通信カードはプロバイダ その他の小物 Word の見出しマップが便利
3日9時間後天引きして生活を組み立てる
いつでもどこでも各トレーニングをしてみる忙しければ忙しいほど朝早く起きる 金曜日は飲みに行かないお酒好きなあなたのための朝が持続する週末の過ごし方

第4章 出版があなたの世界を変える

本を出版すると住む世界が変わる
2 1ランク上の世界を手に入れる最強最速の手段
今がダメな人はものすごいチャンスがある出版はチャレンジしないし甲斐のあるテーマ
3本を出すメリットはこんなにやる
ビジネスチャンスが増える人脈が広がる自分のスキルの棚卸価値観の再確認なる 自分の能力開発を意識できるビジネススキルを高めるターボチャージャーとなる感謝される世の中に影響を与えられる印税が入る生活の密度が濃くなるさらに成長が加速するかさと成長効果

4デメリットは嫉妬攻撃を受けること
批判される事に価値がある世の中に影響を与える本を出したいならいい子をやめよう

後ビジネス書を書くということ
良い美人の人とは何か
6テーマを設定する
テーマは意外に身近にある自分の得意分野にぶつかるまで分解するその本を読んで読者にどういうメリットがあるか

7 ターゲットを決める

8 世界観を作り出すためのタイトルの方程式
ベストセラービジネス書のタイトルの方程式

旧規格への落とし込み方

1書店で書きたいテーマの類焼を買うに前書きを自分の内容にアレンジするさん市大館はそのままパクる

目標を立てる

ネタを思いつく限り全部書き出す似たような項目をグルーピングし表を立てを考えるキャッチコピーを意識する10万人への道は見出しの数から 書きたいところかけるところから書くなかなか筆が進まない場合は口述筆記してみる

11経験値がなくても本を書く方法

取材で情報を集め自分なりの切り口で分析する テッセン刺繍 名言集自分の専門分野の解説書や入門書 物語調は暴走力でかける 良質なコンテンツは必死に取り組んだものからしか生まれない

12本業に打ち込んでこそビジネス書のコンテンツになる

成功体験がなければ作ればいいだけ

終わりに辛いことも苦しいことも全てネタになる

10時44分読み上げ終了 一冊ずつ片付けていきます