読書

物語 ドイツの歴史

2020年9月5日土曜日朝5時09分 本の目次の読み上げ開始

阿部謹也著 物語ドイツの歴史ドイツ的とは何か中公新書

物語ドイツの歴史ヨーロッパの 中央に行って 四居に国境を持つドイツは隣国と様々な軋轢を経験する中で特有の国民感情を醸成してきたしかも中世以来の味いる 兵庫県の記念は近代以後も術術的なものを抱え込みながら生き残っているヨーロッパ連合が結成され朝鮮が事実上の意味を失いつつある現在その進捗はドイツにどのような変化をもたらすのだろうか ドイツの誕生から今日に至る歴史に統一的とは何かを思索する

目次 はじめに
第1章 ドイツ史の始まり
ドイツ民族成立以前ドイツの 登場 カロリング王国 政治と聖職者 オットーの登場皇帝オットー妖怪と冒険 間奏曲1ゲルマン民族

第2章叙任権闘争の時代
カノッサの屈辱ドイツ人の増加 新しい年と支配の変化 岸文化の時代 国王選挙 騎士修道会とハンザ同盟 十字軍のユダヤ人迫害 フリードリヒの不死伝説ラント平和令の成果何という映画を持つもの 間奏曲に教会と修道院

第3章個人の誕生
5人はいかにして生まれたか 個人のあり方の原点 贖罪規定書 生きている独身差別の構造を作ったキリスト教徒仕事仲間団体 東ドイツ植民ドイツ芸術の誕生 間奏曲30中世の音の世界

第4章 神聖ローマ帝国
選挙公が選ぶ黒大帝国とカトリック教会の連合帝国と何と優輝支配国家ラント ハプスブルク家とルクセンブルク家の抗争 ペストとユダヤ人迫害カール4世ユダヤ人迫害の用意ドイツハンザ ジギスムントとに決定の時代 ブスブルック系の教材化と国家連合 崩壊が進むドイツ騎士修道会 危機に見る失望

第5章中世末期の苦悩
宗教改革以前 聖職者の堕落ギター進学の原点とあの中性的国家観 無駄に同調する人々間奏曲40世の家と城

第6章宗教改革の波
外国と貴族 都市の動向農民たちの役割農民戦争様々な宗教改革者たち広がるルター主義宗教和議 ターが果たしたこと

第7章 15.16世紀の文化と社会
印刷術の成立学芸ようになった人々宗教改革がもたらす社会改革新しい学校ふっかけ中世後期の市民 改革期の ドイツ女性

第8章 領邦国家の時代
両方国家社会的結合と協会 改革後の教育芸術 間奏曲5 魔女の迫害間奏曲6 錬金術

第9章30年戦争の結末
平和的思考の誕生戦争勃発拡大する戦火講和条約の波動 立ち遅れたドイツ経済 戦火の中での 個性

第10章 データの時代
三十年戦争以後農民の負担不安を抱く貴族市民改装の宇宙フカマル選民差別18世紀松本市読書人口の増加新たな精神的地平データの時代フランス革命以前 フランス革命の破門塗り替えられた政治地図 教養市民層の台頭間奏曲7ドイツ音楽の世界と都市

第11章ビスマルクの時代
ドイツ国民精神の形成 フランスへの抵抗ウィーン会議ドイツ連邦の成立 運動への弾圧農村の後輩と人口の増加 進捗が遅れた経済鉄道電信労働運動統一ドイツの二つの陣営 広がる反乱ドイツ憲法制定議会経済の新たな展開 国を伏せた人々と都市 下層民ビスマルクの登場 天気に登場したページ数を入れる今日 夫婦2戦争の勝利 夫婦 戦争勃発ドイツ帝国の誕生 ビスマルクの政策大いなる予言の時代ビスマルク体制

第12章ワイマール体制へ
ビスマルク大臣の後世界政策第1次対戦新しい世界 システムへの展望 ワイマール共和国ヒトラー恩田社会情勢

第13章ナチズムの支配と敗戦
大恐慌の 佐賀で台頭するナチスヒトラーの支配行動するヒトラー凱旋そして敗戦ナチズム支配下の社会 千里丘のドイツ分裂国家としての再出発西ドイツの復興ベルリンの壁重要性を増すヨーロッパ共同体東西ドイツ統合の吹き出し東西統一

第14章亡命と難民の時代
アジールと亡命難民と被保険現在のアジール旧東ドイツの人々 対立の歴史構造外国人排斥運動味入る方法を考える

終章 ヨーロッパ連合の一員として
ヨーロッパ連合の中での役割 ドイツ人とは何者か 国家形成のあり方ヨーロッパ連合の中での可能性

朝5時39分目次の読み上げ終了