散歩道

四千万歩の男 伊能忠敬 小説

『四千万歩の男』 伊能忠敬

  • 四千万歩の男 伊能忠敬さんを、目指したい。
  • 小説が面白かった。
  • 『四千万歩の男』蝦夷編 下 井上ひさし 日本歴史文学館 23 講談社
  • 読書ログ『四千万歩の男』
  • 「歩くこと」によって、日本地図を、完成させた人。
  • 私も、ただ散歩に出ることで、近場の事を、少し知りたいだけ。
  • 伊能忠敬さんの、『毎日歩く』ということが好き。
  • 毎日少しずつでも、何年間も続ければ、大偉業になっている。
  • そこんところが、大好きだ。

『一万歩十年』

  • 『一日に一万歩』、歩いてみたい。
  • 「毎日歩き」が、10年続くか?
  • 中々続かない。
  • 雨もある。
  • 雑用もある。
  • 夏の暑さも、冬の寒さも、ある。
  • それを思えば、大したもんだ。

『毎日の習慣化』が、少しずつ、楽しみになってきた。

  • やってみたいことが、自由にできるようになってきた。
  • やりたいことが、続くようになってきた。
  • マラソン
  • 太極拳
  • ドイツ語
  • ブログ
  • 読書
  • ボランティア
  • 《何ができれば、幸せな人生だと思えますか?》
  • 自分に問いかければ、少しずつだけど、続いてる。
  • 健康である間、10年、20年と、続けたい。