ドイツ語

挫折なき 塗り壁式学習法

独学大全より 2022-06-25-(土)-11:01

塗り壁式学習法

1. まず、文字とその発音をチェックする。
  • これには、外国語や固有名詞をその言語の文字で書いたものを使う。
  • つまり綴りと発音の関係に集中するため、
  • 読み=意味である単語に、最初は取り掛かる。
2. 文法の前に単語を眺める。
  • 例えば、マイナー言語に強い
  • 白水社のニューエクスプレス・シリーズには、
  • 巻末にその本で取り上げた単語集がついている。
  • 数百個の単語を一度に覚えるのは骨だが、
  • この段階では覚えきらなくてよい。
  • また、その言語で頻出の綴りの短い単語から優先すると良い。
  • このとき必要なだけ
  • (つまり忘れたら/単語の読み方がわからなかったら)
  • 発音ルールを再チェックする。
3. テキストの会話や基本文を全部読んでいく。
  • 単語のかなりの部分が、
  • 少なくとも初見ではなくなっているはずなので、
  • いきなり読むよりは、いくらかましである。
  • 文法事項は必要なだけ
  • (説明を読まないと、例文の意味がわからない場合だけ) 
  • 文法をチェックする。
4. 文法解説をちゃんと読みながらテキストをもう一度読む
5. 一通り覚え理解してからの、ダメ押し。
  • 一章ごとに10回音読し、三回筆写する。
  • そしてこれを一冊につき、3周すれば、
  • このテキストを完了する。

挫折しないコツは?

  • 焦れるくらいの(薄さ)で重ねていくことだ。
  • 言い換えると、知りたいという欲望を追い越さない程度の、
  • もっと学びたいところを我慢する。
  • といった分量を毎日繰返すのである。

🎈🎈🎈