読書

はじめての渋沢栄一

探求の道標
渋沢研究会

序章 本書の刊行意義

第一部 一般読者のための渋沢栄一ガイド

第一章 歴史小説・ノンフィクション作品での描かれ方
1  歴史小説の中の渋沢栄一1970年代以前
2 歴史小説の中の渋沢栄一1980年代以降
3 ノンフィクション作品の中の渋沢栄一

第2章  ゆかりの地を訪ねる 深川・兜町・王子
1  深川 福住町 水運と物流の中心に
2 兜町 新たな金融の中心街に
3 王子  飛鳥山 工業と鉄道を眼下に
4 墓所 谷中霊園 と銅像

第3章  渋沢栄一から見える近代化遺産
1 富岡製糸場  設置主任の命を受けて
2 経済人としての渋沢栄一が関わった遺産
3 建築パトロンとしての渋沢栄一と建築家たち

第4章論語とビジネス論語と算盤道徳経済合一説とはどんな思想家に論語と算盤の時代性さん論語と算盤の編成

第5章 天夜表を読む 道前反省だけの 親表は日本酒論主義の父と子10日に前障害の欠点としての親表35反省を描けない前頭ただ4時前としてのオーラルヒストリーの豊かさを自分の思い込みも役に立つ

第6章後継者としての渋沢敬三市柳田邦男との出会いに民俗学をベースにした独自の経済史アプローチさん学問に見るその生き方4 H の思想を2圭三の思想を注ぐ

8月 28日金曜日17時16分 一応ここで止め 第二部は明日読み上げます

8月30日日曜日早朝3時03分読み上げ開始

第2部大学生外国人学生のための渋沢栄一ガイド

第7章産業発展の視点から
石井役人時代の制度整備に産業発展の土壌作り三産業の近代化

第8章企業経営の視点から
1渋沢栄一が関わった企業と企業経営の特徴に渋沢栄一の企業経営その具体的事例3月8日としての渋沢栄一の理念

第9章政治外交の視点から
市渋沢栄一の求めた政治に激怒する社会の中の渋沢栄一さん国内中心の視点から国際主義

第10章社会と福祉の視点から
市教育委員会の取り組みに止め機の養育院と東京二病院3渋川市社会事業と養育院

第11章世界から考える新たな研究視点
1比較研究としての新たな視点に渋沢栄一研究の地平を広げる

第12章期待が寄せられる学問研究領域
うち企業の設立と経営及び産業育成ビジネス領域に社会地域貢献ダンスロビー 領域3自然と思想自らの活動のそろばんとして

第3部学校現場での渋沢栄一ガイド

第13章小学校における道徳教育のためのヒント
愛知県西尾市における特色ある道徳教育に小学生のための論語教育

第14小中学校高校における社会科国際教育のためのヒント
富士魅力ある教材としての渋沢栄一に事業展開やん市渋沢栄一の全体像の把握さん事業転換ヤンに渋沢史料館見学4事業展開さん東京帝国大学ヘボン講座デジタル版渋沢栄一伝記資料を使用したグループ学習

第15章京都の偉人を知る誕生地付近と共同の学び
いちい渋沢栄一にとっての強度2 F 型西野学校教育と渋沢栄一さん地域社会への視点

6もっと知りたい人のためのガイド
終わりに

朝 3時10分読み上げ終了