キッチンカー物語

「ふるさと」の心象風景

カーネギー自伝

カーネギーの言葉から、故郷について語られているこの言葉は、素晴らしい。

今回の、花園北広場の整備の根幹を成す考え方と同じだ。

ここに文章を転写してみたい。

良い先祖を持って私は非常に運が良かったが、私はまた故郷についても同様運が良かった。

人間にとって、生まれ故郷は大変重大で、環境と伝統は子供に強い影響を与え、その子のうちにある、まだ表面に現れて来ない傾向を刺激するのである。

イギリスの文豪、ラスキンはエジンバラ市の聡明な子は、皆城の雄姿によって感化されると言っている。

カーネギー自伝

広々とした自然、豊かな安威川の景色を、子供たちの心の、心象風景として残してあげることは、子供たちの成長に大きな影響を与えるだろう。

そしてまた、その風景をボランティアの人たちが作った、ということを、体で覚えれば、素敵な街に生まれた喜びを、感じて、人生を生きていけると思う。