水路遊歩道物語

2021-05-22-(土) 流された土嚢袋 雨上がりの番山水路

  • 番山水路(土室はむろ分水路) 清掃活動 自治会ボランティア

流された土嚢袋 雨上がりの番山水路(土室はむろ分水路) 

土嚢袋が、流されてしまった-1

  • 後で聞いたが、役所が、早速、取りに来てくれたと思った。
  • やっぱり、そんなに早く、昨日今日で、出来るはずはないもの。
  • 大雨で、すいゅうの強さで、流されてしまったんだ。
  • それにしても、水の力は、凄いもんだ。
  • あれだけ沢山あったのに。
  • 水路の水の高さは、どれぐらいあったんだろうか?
  • 1~2mぐらい、あったんだろうか?
  • 見に来ればよかった。

土嚢袋が、流されてしまった-2

  • 上から見たときは、何で積み残しがあるんだろうと思ってた。

土嚢袋が、流されてしまった-3

  • 見違える水路になった。
  • 何十年と、汚いままの水路だったのに。
  • 少しボランティアで、手を入れるだけで、うつくしい水路に、生まれ変わるものだ。
  • 花園北広場の整備を進めた、実績が、「できる自信」につながってきたのだろうか?
  • ますます、地域が、住みよい、美しい街になっていく。
  • ほんの少し、わくわく感が、くすぐられる感じだ。

残った土のう袋

  • 水流が、弱いところは、残ったようだ。
  • それにしても、水路の底が、ピカピカに磨かれている。
  • 段差の上と下で、大違いだ。
  • ボランティア活動の力は、凄い。
  • ここまで、清潔感あふれた水路に、変身できるものか。

土嚢袋が、流されてしまった-4

  • 強い流れが、水路底を、洗い磨いてくれた気がする。
  • あれだけあった土嚢袋は、どこに消えてしまったんだ?
  • 軽トラック1台分は、あったはずなのに。
  • それにしても、ここから先が大変だ。
  • 本当に、出来るんだろうか?
  • 最終までピカピカになった水路を夢見て。

■水路遊歩道物語 目次 自治会ボランティア

■🔙アドプト・リバー・花園 記録一覧

■🔙ボランティア

■🔙北摂散歩